【2020年の祝日】令和2年の連休が変わる?

オリンピック イベント情報まとめ
オリンピック

2020年の祝日(国民の祝日)が変更に!

オリンピックイヤーでもある2020年は国民の休日が変更になります。

これは「オリンピック開催に伴い観戦や観光客増加に伴う首都圏の交通、経済活動を抑えるため」という狙いがあるようです。

まずは日付の変更になる3つの祝日から

海の日

例年の「海の日」は7月の第3月曜日に制定されていましたが、2020年のみ7月23日(木)が「海の日」として移動します。

理由はのちほど

水泳

スポーツの日

(旧)体育の日ですが、例年10月の第2月曜日とされていたものを7月24日(金)に移動となります。

実はこの7月24日は待ちに待った東京オリンピックの開会式当日なのです。

察しのいい方はお分かりかと思いますが、7月23、24日が木曜日、金曜日なので土曜日と日曜日を合わせれば4連休となります。

但し、2020年のみの変更点ですのでお間違えの無いようご注意ください。

夜景

山の日

例年は8月11日でしたが今年は8月10日(月)に移動します。

これは8月9日(日)の東京オリンピック閉会日の次の日ということで、先程の首都圏の交通、経済活動が通勤、通学などの混雑と重なるのを緩和させる狙いがあるようです。

この「山の日」の移動も2020年のみです。

水泳

スポーツの日(旧体育の日)移動に伴う弊害

1948年に施行された祝日法がオリンピックイヤーのための特例で移動となるのは初めてということですが、そのため10月の連休が無くなってしまいます。

10月の第2月曜日に制定されていた「スポーツの日」は運動会などで学校の運動場は予定がビッシリ。
という地域もあると思います。

特に都市部では幼稚園、保育園の運動会のため小学校の運動場を使用する場合が多く、雨天などの延期に備えた予備日も含めて日程を抑えています。

そのため小学生は運動会を6月など比較的運動場の「空き」が多い時期に運動会を開催する地域も増えています。

そういうわけで10月の3連休が無くなるので、旅行やレジャーの予定は気を付けてください。

カレンダー情報まとめ

2020年の最大のイベントである「東京オリンピック」期間中ですが、世界中から観光客が集まってくることが予想されますので企業によっては別の地域や支店などで企業活動することを発表している企業も在ります。

これを機により柔軟な働き方改革が始まるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました