自動車税の支払方法 お得に払う方法と期限を過ぎたら?

お出かけアドセンス・アフィリエイト・貯蓄・節約

納付期限は5月31日。地域によって違うところも 納税通知書の再発行は?

車

例年ゴールデンウィーク明けに届く自動車税の納税通知書ですが、納付時に見つからない場合は早めに再発行の依頼をしましょう。

まずは納税通知書を送ってきた自治体や都道府県に連絡する必要があります。

普通車の場合は都道府県税事務所軽自動車の場合はお住まいの地域を管轄する市役所の窓口に直接赴くか、電話してみましょう。

「納税通知書の再発行」を伝えれば、その場で再発行してもらうことができます。電話の場合は、住所氏名を告げれば、郵送してくれる場合もあります。

その際、車の登録番号が必要になります。

連絡する際は車検証を手元に用意しておきましょう。

手数料はほとんどの場合無料です。

車検時に必要?納税証明書の再発行は?

現在では平成27年以降、車検においても納税証明書が不要な場合があります。

よって、普通車に関しては電子化のため、納税証明書の提出は必要ありません。

しかし、軽自動車においては、車検時に納税証明書の提出は必要になります。

納付した後の納税証明書をなくした場合もまた、それぞれの自治体や都道府県に連絡することで再発行してもらうことができます。

納税通知書と同じく、普通車の場合は都道府県税事務所、軽自動車の場合はお住まいの地域を管轄する市役所に依頼することができます。

車画像

自動車税を払い忘れ(滞納)たら

自動車税を期限内に支払いをしなかった場合、延滞金がかかってしまいます。

納期限が5月31日の場合、翌日の6月1日から発生します。

PayPay、クレジットカードは使えず、支払い方法が限られてしまいます。

期限後20日以内に未納の知らせ「督促状」が届きます。

その後も滞納していた場合、「催告書」が届きます。

これは、差し押さえの可能性を伝えるもので、次の「差し押さえ予告通知書」は最後通告といえます。

この間も延滞金は発生し続けます。

中には、「延滞金は1,000円未満は切り捨て」となるため、実際には延滞金を払わなくても済む期間(税額により変わります)を見越して支払いを延ばしているという話も聞いたことがあります。

その前に預貯金や給与の差し押さえになってしまうことも考えられます。

出来るだけ早く納付するのが一番です。

支払うことが難しい場合は、県税事務所、または市町村の納税課に相談しましょう。

新型コロナウイルスによる猶予措置

2020年2月以降、新型コロナウイルス感染拡大による影響で収入減などによる、自動車税、軽自動車税の支払い猶予措置がとられています。

自治体による独自の措置をとっている場合がありますので、詳しくはお住いの自治体ホームページなどで確認してみましょう。

私の選択はこれ! Pay Payの注意点 *(納付期限内)

PayPayに事前にチャージすることが必要ですが、自動車税納税通知書に印刷されているバーコードをPayPayアプリからスキャンするだけです。

なので自宅などで納付が完了できます。

PayPayアプリで支払完了履歴が確認できますが、自営業の方や会社の立替払いの際は領収書などが発行されませんので注意が必要です。

PayPay支払いの場合、ポイントが最大1.5%されます。

自動車税が支払える自治体

全国42の都府県の自動車税のお支払いに対応しています(2021年5月現在)。
お手元に届いた納付書のバーコードをスキャンしてお支払いいただけます。

  • 2021年度の自動車税のお支払い期限は2021年5月31日です。
  • 納税証明書が必要な場合には、納付書に記載の金融機関等でお支払いいただくか、納税証明書の発行は各自治体にお問い合わせください。

※ 車検(普通自動車・小型自動車)には納税証明書は必要ありません。ただし以下の場合には納税証明書が必要となりますのでご注意ください。

  • 継続検査ではない場合
  • 納税から10日から3週間が経過していない場合
  • 自動車税の滞納がある場合

※ 軽自動車の車検には納税証明書が必要です。

PayPay公式ページより

軽自動車税など、自動車税以外の税金や公共料金は、ご利用可能な支払い先をご確認ください。

私も車の納税はPayPayで行うのですが、支払い時の決済画面をコピーして経理上の処理をしようと思います。

これが無理な場合は、納税証明書の発行が必要になるでしょう。

クレジットカードの注意点

クレジットカードでの支払いも可能ですが、決済手数料がかかります。

税額をクレジットカードで支払い時のポイントと比較してみましょう。

排気量の大きな車など納税額が高額な場合は、クレジットカード決済でのポイントがお得になる可能性もあります。

LINE Pay ペイジーの支払いも

LINE Pay決済では手数料はかからないのですが、LINEポイントが使えないため、チャージした金額で納付することができます。

また、納税に関してはポイントの付与は対象外となっています。

Pay-easy(ペイジー)はあらかじめインターネットバンキングの契約が必要になります。

よって、少額でもポイントの付与があるPayPayがおススメです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました