真面目な国民性は平成と共に終わってしまったのか?コロナウイルスに対する政治、国民の行動に見る危機感のなさ

ベアーニットアドセンス・アフィリエイト・貯蓄・節約
ミッション
スポンサーリンク

勤勉な国民性

かつてこの「日本国」という国は、勤勉さ、思いやり、おもてなし精神、相手を立てるなどある種独特な国民性として、世界中から羨望の眼差しで見られていた時代もあったのです。

その代表として日本製品の精巧さ、緻密さ、独自の目線での製品開発など世界をアッと驚かす武器が多かったのです。

もちろんそれまでには外国製品の模倣なども経験していますが、模倣で終わらず、改良し進化を実現していきました。

戦後の復興からの驚異的な経済成長も見る影無し。令和ショック

この国が経済大国になった背景には「敗戦」が関係しています。

昭和20年の敗戦後、都市部などの多くは焼け野原となった状態から各種産業を興し世界トップレベルの品質(日本品質)にまで昇華させるのです。

令和の時代となった現代ではコロナショックが、またはそのあとに来るであろう世界的不況、日本で言えばオリンピック後の不況も重なると日本経済も相当なショックが見込まれます。

敗戦時とは状況がかなり違いますが、「敗戦」の次に大きな傷跡となりそうな「令和不況」、「令和ショック」とでも言いましょうか、その位の世界的不況が予想されています。

日本人が世界で活躍する反面失っていったもの

経済大国となった日本は「追い抜け追い越せ」から「追われる身」となりましたが、しばらくは「日本ブランド」で悠々自適な時代が送れました。

スポーツ選手なども海外に挑戦の場を移し、活躍しています。

しかし、反面「ハラスメント」や「大企業病」、「ニート」など心の問題を抱える人も増えてきました。

ネコのまなざし

政治の劣化と「ワンチャン稼げる職種」?

昭和を代表する政治家、田中角栄元総理などカリスマ性を持ったリーダーが、国民を鼓舞したことも大きく影響しています。

時代は変わり、現在の国会議員のみなさんを見てどうでしょうか?

カリスマ性どころか各議員の利権を守ることに固執したり、保身に一生懸命な人も多いのです。

肝心な野党の攻防も、ただヤジるだけで対して中身はありません。

まさに大企業病と化してしまった国会議員をはじめ都道府県、市町村の議員が増えてしまったと感じてしまうのは私だけでしょうか?

不祥事を起こしたり、疑惑が持ち上がった政治家は説明責任を問われますが、のらりくらりとかわす傍ら、「任期を全うする」ことに意欲を燃やすのはなぜでしょうか?

身の回りの議員候補さん

あまり大きい声では言えませんが、我が町に積極的にPTAなどの会長職を長く勤められている方、Sさんがいます。

子供が同学年と言うこともあり子供の行事で顔を合わせることも多いのですが、この方は当時、市議会議員に立候補する予定で、学校や子供会、老人会などの会合には必ず顔を出していました。

自分と同じ年代で政治の世界に挑戦する姿は、羨望の眼差しでもありました。

ところが地区の盆踊りの終盤、ほろ酔い状態のSさんに声を掛けられ、缶ビール片手にママ友、パパ友数人で話し込んだことがありました。

その中で幻滅する発言があり、以後距離を置くことにしました。

その話の内容とは、初めは秘書として仕えている議員の愚痴(この時点では当選していませんので職業は議員秘書でした)や保育園不足の解消などの話だったのですが、次第にそ族全員招待のブドウ狩りやプロ野球観戦などのイベントに誘われました。

我が家は子供の試合があるため参加はお断りしましたが、参加した人の話では昼食からお土産までSさんの自腹で招待してたそうです。

そのうちだんだんエスカレートしていき、聴きもしない「市議会議員になれば給料は毎月○○円位で政務活動費が○○円位使えて・・・」とお金のことばかりの内容です。

また衝撃的な言葉は「一度なってしまえば任期中は収入が確保されているようなもの」「今までの出費も元が取れる」という言葉に我々の方は興醒めしていきました。

その後Sさんは3回連続落選し、秘書として仕えていた議員も選挙で落選したため、無職となったそうで、現在の職業は分かりません。

これも税金の使い道を軽視した発言が災いし、腹黒さが露呈したいい例です。

おに

全て政治に関心を持たなかった大人のツケ

Sさんのような理由で政治の世界を目指す人は少ないと思いますが、逆に言えばそれだけハードルが低くなっていると言えなくもありません。

投票率の低下や、「自分の1票じゃあ何も変わらない」などと人任せにしている人が多いのが現状です。

「政治」と言うと難しくよくわからないと感じ、思考停止する人が多いと思いますが、それよりも日々の生活の中で所得税、消費税など色んな税金を納めています。

その税金を使って活動している政治家を、必要な人物なのか?私利私欲にまみれてないか?という目線で見るのは手っ取り早いのではないでしょうか?

夜景

政治に興味を持つことより、「税金使ってこの仕事か?」から始める

「政治に無関心」が政治のレベルの低下を招きます。

会社で例えるなら「営業に出掛ける」と言って隠れてサボってる営業マンや仕事のできない上司のようなものです。

借金大国である日本はこういった無駄を省くことで「借金を減らす」または「暮らしを良くする」ことにつながると考えてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました