プログラマブルコントローラーで快適音作り

エフェクター画像 アンプ・エフェクター・機材
エフェクター

ギタリストにとって悩みの種となっている音痩せ、ノイズなど音質劣化対策は、いつの時代も新製品の情報と同じくらい注目される話題です。

そんなギタリストの皆さん!プログラマブルコントローラーを試したことはありますか?

エレキギターの基本構造からおさらい

エレキギターに付いているピックアップにはパッシブタイプと電池を使うアクティブタイプがあり、パッシブタイプのピックアップの場合、発生する信号が非常に小さく(ハイインピーダンス)、

シールドケーブルからエフェクターを通りアンプにたどり着くまでにノイズを拾う事になります。

その音をアンプで増幅するとノイズが気になるようになります。

またアクティブタイプのピックアップだと信号が電気的に大きくなっているためにノイズに強いとされています。

ハイインピーダンスの信号にバッファーアンプで信号を増幅する事でノイズの影響を受けにくくするのです。

これは、ブースターと仕事が似ているため混同してしまいそうですが、バッファーアンプは原音を変化させる事なく増幅するのでノイズ対策にはバッファーアンプがギターにより近い場所で繋ぐ事でいい仕事が期待できるのです。

今回のテーマであるプログラマブルコントローラーですが、コンパクトエフェクターを複数セッティングするギタリストにとってより理想的な理由を解説していきます。


 

センドリターン接続

回路図
各エフェクターにはセンド・リターン接続です。

まず、コンパクトエフェクターを複数セッティングする時の繋ぎ方はどうでしょうか?

直列に繋いでいると、電子回路を通過するたびにギターの信号に影響を与えてしまいます。

その影響を受けにくくするため、トゥルーバイパスやバッファーアンプという回路を搭載しています。

そのためパッチケーブルでエフェクターそれぞれセンドリターンで繋ぐことになります。

バッファーアンプは先ほど説明した信号を増幅するためのもので、
トゥルーバイパスはエフェクターオフの時には電子回路を経由しない=不要な回路へ信号が流れないため劣化(音痩せ)を防ぐことが期待できる。

エフェクターの組み合わせを保存することができる

これは複数のエフェクターを組み合わせて音を作るときに役立つのですが、バッキングとリード、違う曲調の場合など複数のセッティングを切り替える時、何個もペダルスイッチを踏む煩わしさから解放されます。

プログラマブルとなっているためピンときた方もいると思いますが、エフェクターの組み合わせをプリセットできるのです。

ボタン1つで欲しい音が呼び出せる、マルチエフェクターの感覚です。またこれはセッティングの時間が短縮できるため、ライブなどでも重宝するでしょう。

注意点もあります。

プログラマブルコントローラーを使う場合はエフェクターの数だけパッチケーブルが必要になり、ある程度品質の良い物を使いましょう。

粗悪なケーブルでノイズや音痩せしてしまっては元も子もありません。

また同時にエフェクターの電源対策もパワーサプライなどを使いたい。

これは各エフェクターの消費電力が違うため、よく利用される9V角形乾電池では交換時期がバラバラになってしまい、最悪電池切れで希望の音が出ないなどを防げます。

一部電圧が違うエフェクターなどもあります。電力不足にならないよう、計算しておきましょう。

プログラマブルコントローラーは色んなメーカーから種類も豊富に発売されていますので接続可能数や品質、もちろん価格面でも自分に合ったものを探してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました