PR
スポンサーリンク

5150サウンドの秘密!エディーヴァンヘイレンのブラウンサウンド

ブラウンサウンド ギター、音楽
ブラウンサウンド

ロックギターが好きな人は1度は耳にしたことのある音「ブラウンサウンド」「ブラウントーン」ですが、これがロックギターに革命をもたらした元祖テクニカルギタリスト「エディーヴァンヘイレン」を指す言葉だと知っている人はかなりマニアックです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天リーベイツ(Rebates) 国内航空券+ホテルの予約なら【エアトリプラス】

エディ・ヴァン・ヘイレンの音楽の世界

エディ ヴァン ヘイレン、その名前はロックの歴史に輝く伝説の一つとして、ロックファンたちの心を捉え続けています。
その驚異的なギターテクニックと創造性、独自の音楽スタイルは、多くのファンを虜にし、彼を「ギターヒーロー」と崇める者も少なくありません。
この記事では、エディ ヴァン ヘイレンの音楽の世界に迫り、彼の凄さやヴァンヘイレンのヒットソングに焦点を当ててみましょう。

エディヴァンヘイレンの凄さとは?

エディヴァンヘイレンの凄さは、彼の独創的なギタープレイによって象徴されています。
彼は単なるギタリストではなく、作曲家としても非凡な才能を持っており、その音楽は常に進化し続けています。
彼の独自の演奏スタイルやブラウンサウンドと呼ばれる独特の音色は、数々のミュージシャンに影響を与え、後世のギタリストたちにも尊敬されています。

ヴァンヘイレンのボーカルに迫る

ヴァンヘイレンのヒットソングは、時代を超えて聴かれ続ける不朽の名曲として存在しています。
彼らの楽曲は幅広い音楽スタイルを網羅し、多くの楽曲がロックの殿堂入りするなど、その影響力は計り知れません。
ここでは、エディヴァンヘイレンの代表的なヒットソングをランキング形式で挙げ、それぞれの魅力や成功の秘訣に迫ってみましょう。

ランキング上位ヒットソング:

  1. “Jump”
    • 1984年にリリースされ、全米で1位を獲得。大胆なシンセサイザーの導入やキャッチーなメロディが特徴。楽曲の良さに加えギターソロもセンスの良さが光ります。
  2. “Panama”
    • 同じく1984年に発表され、ロックのエッセンスとエディヴァンヘイレンのギターソロが際立つ楽曲。疾走感のあるテンポとギターソロの巧妙さが癖になる名曲です。
  3. “Eruption”
    • デビューアルバムの1曲目に収録された注目のギターソロ。タッピング(日本ではライトハンド奏法)が登場し、映像を見るまではどうやって弾いているのか分からず、キーボードの音を歪ませているとさえ言われました。
      テクニックだけに留まらず、ギターサウンドも特筆すべき点で、40年以上も前のサウンドながら今でもお手本となるサウンドです。

エディヴァンヘイレンのギター技術

エディヴァンヘイレンのギター技術は、まさに音楽の頂点に君臨しています。
その特異なスタイルと独創的なプレイは多くのギタリストや音楽愛好者にとって刺激となり、彼の演奏から生み出されるブラウンサウンドは一世を風靡しました。
彼のギター技術に焦点を当て、彼が生み出すブラウンサウンドの魅力や、その背後に込められた情熱に迫ります。

ブラウンサウンドの魅力とは?

エディヴァンヘイレンのギターサウンドは独自の「ブラウンサウンド」として知られています。
このブラウンサウンドは、厚みのあるトーンと独特な歪みが融合したもので、彼のフィンガリングやピッキングの技術、そして特殊なギターアンプの使用により生み出されるこのサウンドは、聴く者を引き込み、一度聴いたら忘れることができない独特の魅力を持っています。

ブラウンサウンドのセッティング

ブラウンサウンドのセッティングは今ではデジタルを用いたアンプやシミュレーターなどで簡単に再現することはできても、ギタリストならアナログ機器で再現したいと思う人も多いはずです。
ヴァンヘイレンのライヴを経験したことがある人は分かると思いますが、とにかく音がデカい。
PAの音なんて「スピーカーが飛ぶんじゃないか」と思うほどでした。
ギターアンプに関してはアンプを可変昇圧機で89ボルトにまで下げて100Wのマーシャルの音量を全開にするといった手法でした。
この改造マーシャルを作ったのが「ホセ・アルレダンド」という人物で、80年代初頭のアメリカではブームとなり、ソルダーノ、リー・ジャクソンやラインハルト・ボグナーの改造マーシャルが話題になり、後にオリジナルアンプの制作の足掛かりとなります。

エディヴァンヘイレンのギターに込められた想い

エディヴァンヘイレンのギターに込められた想いは、単なる技術だけではなく、彼の音楽への情熱と創造性から生まれています。彼はギターを通じて自らの感情やメッセージを表現し、その演奏はしばしば彼の人生や経験と共鳴します。そのため、エディヴァンヘイレンのギターは単なる楽器ではなく、彼の心の一部と言えるでしょう。その情熱が込められたギタープレイは、彼の音楽が多くの人々に愛される理由の一つとなっています。

ヴァンヘイレンの歴史と歴代ボーカル

ヴァンヘイレン、その名前はロック界において燦然と輝く存在として知られています。数々の名曲と共に、バンドの歴史は激動の中で織り成され、その中で異なる時期において複数のボーカリストがステージに立ちました。この記事では、ヴァンヘイレンの軌跡を振り返り、彼らの名曲と歴代ボーカルとの関係に焦点を当ててみましょう。
デビュー前、KISSのベーシスト、ジーン・シモンズに気に入られ、所有するスタジオでデモテープを録音したりとバックアップしてもらうこともあったようです。

KISS
KISS

ヴァンヘイレンの名曲を振り返る

ヴァンヘイレンの名曲は、そのキャリアを通じて多くのリスナーに愛され続けています。彼らの音楽は時代を超えて魅力を放ち、数々のヒット曲がロックの歴史に名を刻んでいます。ここでは、ヴァンヘイレンの中でも特に輝かしい名曲をランキング形式で挙げ、その音楽の進化と魅力に迫っていきましょう。

ランキング上位ヒットソング:

  1. “Jump”
    • 1984年のアルバム『1984』からのリードシングルで、ポップなサウンドが特徴。ヴァンヘイレンの代表曲とされている。
  2. “Panama”
    • 同じく『1984』収録曲で、エディヴァンヘイレンの特有のギターサウンドが冴え渡る。ロックの金字塔として広く認知されている。
  3. “Runnin’ with the Devil”
    • バンドのデビューアルバムに収められた曲で、力強いヴォーカルとエネルギッシュな演奏が特徴。ヴァンヘイレンの初期の代表曲の一つ。

歴代ボーカルとの軌跡

ヴァンヘイレンはその歴史の中で異なる時期に複数のボーカリストを迎え入れ、各時代において独自の色を添えてきました。各ボーカリストがもたらした影響や音楽へのアプローチを追い、ヴァンヘイレンの進化と変遷を振り返っていきましょう。

ヴァンヘイレンはその長い歴史の中で、異なる時期に複数の優れたボーカリストを抱えてきました。各ボーカリストがバンドにもたらした独自のアプローチと個性は、ヴァンヘイレンの音楽に多様性と深みを与えました。

  1. デイヴィッド・リー・ロス (David Lee Roth):
    • ヴァンヘイレンの初代ボーカリストとして知られ、彼のカリスマ性とステージパフォーマンスがバンドの成功に大きく寄与しました。デイヴィッド・リー・ロスの存在感とユーモアは、ヴァンヘイレンの初期作品において特に際立っています。また、日本公演で大阪での出来事として有名なのは、大阪城の石垣をロッククライミングのように登り始め、関係者から随分と怒られた逸話が残っていたり、ユーモアのセンスもよく、存在感のある優れたバンドのフロントマンとして人気があります。
  2. サミー・ヘイガー (Sammy Hagar):
    • デイヴィッド・リー・ロスの後任として加入したサミー・ヘイガー。
      彼のパワフルでソウルフルなボーカルは、バンドに新たなエネルギーをもたらしました。
      サミー・ヘイガー時代のヴァンヘイレンは、よりメロディアスでハードなサウンドに進化しました。ステージ上ではツインギターが定番でしたが、両者のギターサウンドが全く違い、エディーの音の良さが強調する格好となっています。
      キーの高い曲にも対応でき、曲の幅も広がりました。後に復帰するデイヴィッド・リー・ロスもキーが合わずライブでは歌わなかったほど。
  3. ゲイリー・シェローン (Gary Cherone):
    • サミー・ヘイガーの後任として短期間在籍した元エクストリームのゲイリー・シェローン。彼の加入は話題を呼びましたが、バンドが冒険的な音楽に挑戦し、新たな方向性を模索していたようですが、長続きはしませんでした。その後、エクストリームで復帰し来日公演も大成功を収めました。

ヴァンヘイレンの歴代ボーカリストはそれぞれ異なる要素をもたらし、バンドの音楽の進化に寄与しました。デイヴィッド・リー・ロス時代の陽気で派手なステージング、サミー・ヘイガー時代の力強くメロディアスなサウンド、そしてゲイリー・シェローン時代の実験的な試みと多様性が、ヴァンヘイレンの多層的な歴史を構築しています。

これらの異なるボーカリストとの軌跡は、ヴァンヘイレンが常に進化し、変化し続けるバンドでした。それぞれの時代がバンドのサウンドと共にエディーのサウンドも変化し、ヴァンヘイレンのファンにとっては時折変わりゆく魅力を堪能できる貴重な歴史となっています。

ヴァンヘイレンの現在と未来

ヴァンヘイレン、その名はロックの歴史に刻まれた伝説的なバンドとして今もなお輝き続けています。長い歴史を刻んできた彼らが、現在どのような活動を展開し、未来にどのような可能性を秘めているのか。この記事では、ヴァンヘイレンの現在のメンバー活動に迫り、バンドにまつわる噂や期待について検証していきます。

現在のヴァンヘイレンの活動に迫る

現在のヴァンヘイレンのメンバーたちは、それぞれ独自の道を歩みながらも、音楽の世界で精力的に活動を続けています。エディ・ヴァンヘイレンのギター、アレックス・ヴァンヘイレンのドラム、そしてマイケル・アンソニーのベースがヴァンヘイレンの音楽を支えてきた中、デイヴィッド・リー・ロスが再びバンドに合流し、再結成ライブを行うなど、ファンには朗報となる出来事が続いています。

エディ・ヴァンヘイレン亡き後、兄のアレックス・ヴァンヘイレンの動向を聞くことは少なくなってしまいました。
ベースのマイケル・アンソニーはかつてのボーカリスト、サミー・ヘイガーと共に新たなバンドプロジェクトに参加し、ヴァンヘイレン以外の音楽スタイルで活動を展開しています。

ヴァンヘイレンに関する噂を検証

バンドの主役だったエディーを失ったヴァンヘイレンにとっては、代役のギタリストを起用することはないと思いますが、フレディ・マーキュリーを失ったQUEENがアダム・ランバートとツアーを行ったように、メンバーとしてではなく、Van・Halen with○○のように新たな形が実現する可能性もあります。
息子のウルフギャングはギター、ドラム、ベース、キーボードもこなすマルチプレイヤーですが、現在バンド「Mommoth WVH」の活動をしていますが、今後の動向も気になるところです。

エディ ヴァンヘイレンのプライベートに迫る

エディ ヴァンヘイレン、その魔法の指先で生み出される音楽だけでなく、彼のプライベートな一面にもファンは興味津々です。彼の人間性や逸話、そして健康にまつわる話題に迫りつつ、エディヴァンヘイレンのプライベートな一面を垣間見てみましょう。

ヴァン ヘイレンと癌の関連性

エディ ヴァンヘイレンは、癌という難敵と長い間闘病していました。
「舌癌」は一時、「完治した」と復帰ライブツアーを北米で行っていたときの写真では、体を絞り筋肉質になって完全にイメージチェンジしていましたので、安心していました。
体調が悪くリハビリ施設に入所などの話題以外は聞かなくなり新作を期待していた人も多かったはずです。しかし、最期はやはり癌との闘いだったようです。

エディヴァンヘイレンの身長や逸話

エディ ヴァンヘイレンの身長については173mとされています。(ウィキペディア
彼のプライベートは車好きで知られ、特にフェラーリやポルシェ、ランボルギーニミウラなどの高級スポーツカーを数多く所有していたようで、兄のアレックスとチューニングしたスポーツカーでレースをすることもあったようです。
また、ギターコレクションも貴重なヴィンテージギターをはじめ、デビュー当時の「フランケンシュタインギター」、ヘッドレスの「スタインバーガー」など多数コレクションしています。
仲の良かったミュージシャンとのセッションも多く、有名なところではTOTOのギタリスト、スティーブ・ルカサーとよくJamってたようです。

エディ ヴァンヘイレンの笑顔とその裏にあるもの

エディ ヴァンヘイレンの音楽と笑顔は多くのファンの心に残りました。
エディヴァンヘイレンの笑顔の秘密に迫り、彼がどのようにしてミュージシャンとしてのキャリアを築いてきたのかを探ります。

エディヴァンヘイレンの笑顔の秘密

エディ ヴァンヘイレンの笑顔は、彼の音楽活動において欠かせない要素でした。過去のインタビューやライブ映像から見えてくるのは、彼がギターを弾くのが本当に好きなんだなと感じますし、笑顔でギターを弾いているのがトレードマークになっています。
しかめっ面でギターを弾いているギタリストが多かった中、異彩を放っていた存在でした。

ミュージシャンとしてのエディヴァンヘイレン

エディ ヴァンヘイレンは、ミュージシャンとしての才能と個性により、ロック界で不動の地位を築き上げました。彼は単なるギタリストに留まらず、バンドのリーダーシップをとり、音楽制作や編曲、さらにはギターの改造や新たなサウンドの追求にも挑戦しました。その結果、エディ ヴァンヘイレンは常に進化し、自分のトーンを持つことが出来ました。それがブラウンサウンドです。
このミュージシャンなら誰もが欲しい独自のトーンは、トップミュージシャンの証で、時代を超えて多くの人々に愛され続けていくでしょう。
過去のインタビューからは、彼が音楽への情熱を常に持ち続け、自らを常に進化させる姿勢がうかがえます。その情熱が彼の笑顔の源でもあったのかもしれません。

EVHギターとエディモデルギターについて

エディ・ヴァンヘイレンが築き上げた音楽の世界には、彼の特有のギターサウンドが不可欠です。そのサウンドを支えるのが、エディモデルギターとEVHギターです。
初期にクレーマーと契約を結んでいたこともありましたが、この記事では、エディモデルギターとEVHギターそれぞれの特徴や魅力、そして製造メーカーであるアーニーボール/ミュージックマンとピーヴィーの違いに迫ります。

エディモデルギターの特徴と魅力:アーニーボール/ミュージックマン

eddie
エドウィン広告より

このエディモデルギターは、エディ・ヴァンヘイレンの独自のギターサウンドを追求した結晶です。アーニーボール/ミュージックマン社によって製造された、「5150」とボディエンドに書かれたエディモデルは厳格な指示のもと、彼の要望に応えるためにデザインされています。
ネックのグリップ形状は、デビュー当時から愛用しているメインギターのネックを計測したと言われていますし、オリジナルピックアップの開発、そしてフロイド・ローズ・トレモロシステムなど、これらの要素が絶妙に組み合わさり、エディの特有のサウンドを再現することができます。
発売当初の情報では「年間3000本の生産で、搭載ピックアップは単体での販売はしない」
スモールヘッドにエディーのサイン(プリント)入りで上質なバーズアイメイプルネックは、フロイドローズを敬遠していた私も手に入れたほどで、大変気に入ってました。
残念ながら手放してしまいましたが、いつの日かまた手に入れたいギターです。

上記はインドネシア生産の廉価版です。
上記の「イケベ楽器店で見る」よりイケベ楽器店のホームページへ入っていただき
「MUSICMAN AXIS」と検索

エディモデルギターの特徴と魅力:ピーヴィー ウルフギャング

彼の一人息子ウルフギャングの名前を付けたピーヴィー製の特徴はアーニーボール/ミュージックマン製から派生させ、アーチトップとなり、ピックアップセレクタースイッチの位置が変更になりました。

EVHギターの進化と人気モデル

EVHギターは、エディ・ヴァンヘイレンのシグネチャーシリーズとして展開されており、先に紹介したシグネチャーモデルの契約が切れた後に再販売する企業です。
エディ・ヴァン・ヘイレンがフェンダー社と共に、自身のブランド「EVH」を設立。
彼のキャリアの初期からの複数モデルが存在します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました