競泳水着 補修

鳥ロゴ 水泳記録
プール画像

競泳水着 高速水着 

競泳用水着と聞いてSPEED社の水着を思い出す方も多いのではないでしょうか?

北島康介選手が当時着用して話題になりましたが、程なくして禁止となりましたが、その後ルールに沿った形で各社から競泳用水着が開発されます。

2020年の話題になっているマラソンの厚底シューズの問題で思い出した方もいると思います。

小・中学生をはじめとするジュニアスイマーの選手にはこの競泳用(高速)水着を着用することが多くなっています。

これがまた高い!

1着当たり2万円程度で買うようにしてますが、予備と複数の種目用に3枚程度常備してます。

練習用の5千円程度の水着に比べて薄く、軽く全く別物です。

身体にぴったりフィットさせて水着と体の間に水が入らないとでも言いますか。

大きな大会に出場するようになると購入を勧められますし、実際にレースでは殆どの選手が着用しています。

何が違うのか?

特殊素材で伸縮性、撥水性に富んでおり、水流抵抗を極限まで削るため生地の合わせ目は圧着で縫い目がなく、身体にフィットさせるため遊びがない状態で着用に時間がかかります。

うちの子も最初は30分以上、汗だくになりながら着用してました。

スイムジャックや専用グローブなどを使用して少しづつ着用します。

現在でも半分ぐらいの時間はかかってますが、ある種レース前の儀式みたいなものです。

レースが終わればさっさと着替え、次の種目直前にまた着替えるくらい窮屈なのです。

体幹の保持やキックのサポート効果があったり、短距離用、中長距離用などバリエーションがあります。

お気に入りのレース用水着が悲惨な状態

メーカーの説明書には20~30回の着用で撥水効果などが低下するとあります。

もともと予備として持っていたもので、ミズノ社 GX ソニックⅡというモデル。

少し前のモデルです。着用は5回ほど。

常に使用しているソニックⅢとソニックⅣの方が着用回数は多くなりました。

本人は背泳ぎ用としていたみたいですが圧着部分が裂けてしまいました。

高速水着

他の水着で何とか予選は通過し、決勝進出は果たしたもののショックを受けてるようです。

他にも裂けたことや公式戦に必要な「Fina」マークが剥がれたこともありましたが、今回ほど落ち込んだことはなかったと思います。

破れはなく完全に圧着部分なのでコーチも「修理に出してみたら?」と言われたようです。

修理代金は?期間は?

後日、連絡してみると修理代金が¥5830-とのこと。

微妙な金額ですね。送料など考えると・・・

期間も3週間程度となるためその間の予備がありません。

フリマアプリなどで出品されているのを見ると、修理品の出品が多くあります。

修理痕を確認すると明らかに縫製しているようにみえます。

複数見ましたがやはり縫製の痕があります。

出品者は、やはり一度裂けてしまった水着を安心して着用することが不安ということでしょうか。

修理してもまた裂ける可能性もあるし、レース中だと失格になります。

新しく同じモデルを探すことにします。

競泳水着

生産が終わっているモデルなので安くなってますがサイズがありません。

仕方なく現行モデルを購入するしかなさそうです。

年々改良されているのでモデルごとに機能性や生地、履き心地も変わると思いますので試着して決めたいと思います。

チームのジャージも買い替えを考えていましたが少し伸ばすことになりそうです。

調べたところこんな猛者も

調べてみると圧着部分の裂けたところを伸縮性のある糸でミシンを使って縫う。

この方は何着も同様の補修をしているようで仕上がりも綺麗です。

しかも細かくメンテナンスをしているようで僅かな異変にも気づいているのでしょう。

我が子のように試合後、軽く洗って陰干しした後は試合用リュックに入れっぱなしで異変に気付けなかったのかもしれません。

修理するにしてもウチにはミシンがなく、裂けた部分も大きいので諦めます。

このイレギュラーな出費は大きいなー

コメント

タイトルとURLをコピーしました