Eric Johnson初来日公演時の使用機材

アンプ画像ギタリスト、ミュージシャン

エリックジョンソンが初来日公演を果たしたのが1997年9月です。

メンバーは
Eric johnsonーguitar,vocal
Roscoe Beck-bass
Stephen Barber-keyboad
Tom Bretchlein-drums

といったメンバー構成です。

スポンサーリンク

使用ギター

セットアップされていたのは全部で3本

メインギター

・Fender ストラトキャスター 1957~58年製 アルダーボディーの2トーンサンバースト、Vグリップのメイプルネック

フレットが太めのものに交換されており、基本的にはオリジナルのままです。

アームがボディエンド側に固定され、トレモロスプリングも5本張られ、アンカーもかなり締め込まれていますので、テンションもかなりキツイと思われます。

細かな傷はあるものの、当時すでに40年近くが経っている、ヴィンテージギターですが、かなりコンディションが良く、ネジ類もサビがない状態で、かなり良い状態で保たれています。

サブギター

・Fender ストラトキャスター’57年リイシューモデル 

メイプルネックのVグリップが基本でメインと同様のセッティング

レスポール

・Gibson レスポール スタンダード 1989年製リイシューモデル チェリーサンバースト

アメリカ国内のツアーではヴィンテージのレスポールを使用しているらしいのですが、トラブル防止のためリイシューモデルを使用しています。

フロントピックアップのみGibson57クラシックに交換済みで他はストックのままのようです。

ギターボディー画像

アンプ

・Fender デラックスリバーブ クリーンサウンド用、2台をステレオで鳴らしている。
それぞれのツマミは、VIBRATO 1で、VOLUME 3、TREBLE 4.5、BASS 6.5、REVERB 6、SPEED 1、INTENSITY 1の位置でセッティング

・Marshall JMP 50W リズムプレイ用


・Marshall JMP 50W リードプレイ用

アンプ画像

エフェクト

・クリーン用➡Fenderデラックスリバーブへ
マエストロ製エコープレックス、T.Cエレクトロニクス製コーラス/フランジャー

・リズムプレイ用➡マーシャルJMP50Wリズム用へ
ジム・ダンロップ製ファズ・フェイス

曲によっては・・・リズム用のマーシャルアンプの音をマイクで拾い、MXRデジタル・タイム・ディレイとErnie Ballのボリュームペダルを通してディレイをかけるという手の込んだセッティング

これをWhirlwindでクリーンとウエット音の切り替えをしています。

・リードプレイ用➡マーシャルJMP50Wリード用へ
Jen製 クライベイビー、Tube Works製チューブドライバー
Whirlwind製セレクタースイッチでリズムとリードを切り替えています。

エフェクトボード端にはガラス製のスライドバーが厚み、形、長さの違う物が3種類用意されています。

金属製でなく、ガラス製が好みのようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました