Bogner ボグナーアンプの魅力にハマる。

アンプ画像アンプ・エフェクター・機材
アンプ画像

練習用アンプは手放してしまったためamPlug2で練習していたのですが、エフェクターなど色々と試したいのでアンプを購入したいと思い、馴染み(親戚)の店を覗いたら「試してみる?」とボグナーを指差します。

「買えないよ」と最初に断りを入れ、早速プラグイン。

Uberschallというハイゲインタイプで、ストラトのシングルコイルでもきめが細かく分厚いトーンです。

非常に攻撃的なサウンドで、抜けが良い感じがします。
歪み系のエフェクターは要りません。

クリーントーンは予想を超えて艶やかなトーンでギターのキャラクターが出る感じです。

ハイゲインアンプはクリーンに濁りが表れやすいのですが、良くできています。

現役時代なら好みの音ですが、最近ではクランチ、クリーントーンが好みとなり、このアンプでは持て余してしまいます。
ここまで行くと他のモデルも試したくなります。

アンプ写真
スポンサーリンク

今回はアンプメーカー「Bogner」を見てみます。

ギター画像

ボグナーはアメリカで1989年に誕生したアンプメーカーですが、ドイツでアンプ技師だったラインホルト・ボグナー氏が当時ハイゲインに焦点を当て改造マーシャルJCM800を武器にアメリカに渡ります。

そこから約30年、今では高級アンプメーカーの中でも不動の地位を築いてます。

使用アーティスト

このブランドの特徴はマーシャル寄りのサウンドをよりハイゲイン化、クリーンもよりクリーンにと昇華させたメーカーと言えます。

アーティストからの信頼も厚く、使用アーティストも多彩な顔ぶれです。代表的なアーティストはエリック・ジョンソン、アラン・ホールズワース、スティーブ・ヴァイ、マイケル・ランドゥ、松本孝弘など第一線で長らく活躍しているギタリストの名前がずらりと並びます

ブティック系の中でも代表的なアンプメーカーではないでしょうか。

ステージ機材

ラインナップ

Ecstasy      

1992年最初のモデル100Bが発売。1995年にはより派生させた101Bを発売。
2001年にはClassicが発売(販売終了)
Green クリーンチャンネル Blue、RedはゲインチャンネルでRedはより高いゲインが得られる。

カスタムモデル   
 
日本仕様、3ch仕様、80年代を最も繁栄していたギターシーンを再現させるRed ch、オールドアンプサウンドから現代の汎用性を持たせたサウンドまで幅広くカバー。

20thモデル   

これまでの代表機100B、101B、Classicを進化させ、また多くの改善を行ったモデル。
新たなフラッグシップモデル

Uberschall    

ドイツ語で「超音速」を意味する。
ヘヴィさとアグレッシブなサウンド、2ch仕様、クリーンとゲイン 

Twin Jet

2009年発売。パワフルなゲインチャンネルを2つ用意

Helios    
 
50Wと100Wの2種類、ハンドワイヤード仕様、2ch

Shiva

機能性を最小限に抑え、ブースト回路を搭載。2ch

20thモデル    

90W仕様、クリーンにブーストch、ゲインはより高い設計になっている。

Goldfinger   

45Wと90Wの2種類、クリーンchではブライト感の調整が可能、
ゲインチャンネルでは60~70年のサウンドとコンプレッションの強い80年代のサウンドを切り替えることができる。

ATMA 18

アッテネータを内蔵、18W、5W、1Wに切り替え可能。
3ch仕様。
小型アンプに多彩な機能を詰め込んだモデル。

Duende

リバーブ、トレモロ内蔵の小型2ch仕様。
2つのチャンネルを同時に出力も可能。

Barcelona

40W仕様。
ジャズやカントリースタイルからエフェクター使用を目的にしたスタイル用にクリーントーンを主体にしたモデル

New Yorker

50年代のツイードアンプのようなシンプルなコントロールで12Wでありながらクリーンで音圧のあるクリーンサウンドが特徴。

Telos       
 
ハンドワイヤードシリーズ最小アンプ。40Wと20Wを選択可能。  チューブ・バッファー・シリーズのエフェクト・ループを搭載。 新しく進化した6ポジション「Schizo」ロータリーセレクター搭載。 Schizoは、プリ・アンプとパワーアンプの11個のパラメータのマトリクスを制御し、コンデンサのさまざまな組み合わせ、ゲインステージ、フィードバック回路をコントロールしています。 また、ブースト回路を使ってゲインを追加することもできます。

Herios Eclipse     

Heliosを元に設計、100Wでありながら50Wサイズにまとめた外観。3ch仕様 ハンドワイヤード

Goldfinger Super Lead  

リデザインされたGoldfingerの進化版。
3つのモードスイッチが加わり、多彩なサウンド造りが可能に。

Ecstasy25    

Ecstasy101Bを彷彿させるサウンドに、自宅でのレコーディングの為のキャビネットシミュレーター搭載。

まとめ

これだけ種類が増えましたが、生産数の少なさ、高価なことで、レアなアンプではないでしょうか。

一部では初期の生産アンプは高値がついているようです。

エリック・ジョンソンの使用で話題になった初代のEcstasy100Bなどは生産台数が100台程だったと聞いています。

所有している知り合いは今のところ居ません。いつかは欲しい1台です。

コメント

  1. […] ボグナーの記事1 ボグナーの記事2 […]

タイトルとURLをコピーしました