番号非通知の電話に出ると中国語のアナウンス。不安な電話に出てしまったら!

スマートフォンアドセンス・アフィリエイト・貯蓄・節約
スポンサーリンク

番号非通知の電話がかかってきたら

ある日突然、携帯電話に「番号非通知」の電話がかかってきたら、あなたは出ますか?

先日、平日の午前中に携帯電話で知人と話をした後、すぐに携帯電話の着信が鳴ったため、反射的に電話に出てしまいました。

てっきりその知人が伝え忘れたことがあり、折り返しの電話だと勘違いしたのです。

基本的には非通知設定の電話には「でない」

非通知設定の電話には数多くの詐欺が報告されているようです。

国際電話詐欺、非通知電話詐欺と呼ばれるものです。

下記にいくつか紹介と詐欺手口の記事リンクボタンも用意していますので、参考にして被害を未然に防ぐようにしましょう。

また、未然に防ぐ手段として、非通知着信拒否のサービスや設定方法なども紹介しています。

しかし、出ててしまった・・・

中国語らしきメッセージが流れてきました。

それも自動音声っぽい女性の声でした。

自動音声の電話は世論調査など固定電話にかかってくることはありますが、携帯電話でしかも中国語となれば余計に不気味です。

自宅の固定電話にも同様の自動音声がかかって来たことがあったので、知ってはいたのですが迂闊でした。

中国語のアナウンスの正体は

電話と子供

仕事柄、中国本土、香港、台湾など電話のやり取りをする方も多いと思います。

私も多くはないのですが年に数回、日本での展示会や海外での展示会の打ち合わせなどで電話のやり取りがあるのですが、いつも日本語の分かる方か、英語での会話となるため、今回の中国語は面食らいました。

自動音声だと気付き、電話を切りました。

そうすると再度、番号非通知から着信です。

今回は出なかったのですが、留守番電話に繋がりました。

後で聞き直してみると、「あなた宛ての荷物」「ある番号へかけなおせ」と言っているようです。

電話機

対処法は?なぜ中国語?

どうやら「あなた宛ての荷物があるからこの番号へ連絡して」と言うことですが、ガイダンス通りに連絡してしまうと架空請求などの被害が予想されます。

なぜ中国語なのかという疑問もあったのですが、日本に住む中国人宛ての詐欺が増えているようです。

留学生や日本の企業で働く中国人も多くなり、そういった詐欺が増えるのも分かる気がします。

「ビザの確認の電話です」と中国領事館と装って個人情報を聞き出すこともあるようです。

対処方法としては、中国語が分からない人はそのまま「切って」しまうのが良いと思いますし、「番号非通知の電話は出ない」ことが最良です。

もし、中国語が理解できても心当たりがなければアクセスしないことですし、指定された電話番号もネットで調べることをおススメします。

今回調べてみた番号での検索結果は、「中国人向け詐欺」「架空請求」などの情報が出てきました。

怒り2

着信拒否の設定

ドコモ

ドコモのサービス名は「番号通知お願いサービス」というものがあります。

「発信者番号通知をオンにしてください」と言うガイダンスが流れます。

料金はかかりません。

設定方法は「148」にダイヤルしてガイダンスの音声に従うだけです。

au

auの場合もドコモ同様、無料です。

サービス名は「番号通知リクエストサービス」です。

ガイダンス内容は「番号を通知できるように設定してからお掛け直しください」と流れます。

設定方法は「1481」にダイヤルするだけで設定完了です。

解除方法は「1480」で解除になります。

ソフトバンク

上記2社と違い、月額100円かかりますが、「ナンバーブロック」の番号通知サービスがあります。

申し込みが必要で、

・ソフトバンクショップ店舗

・My Softbank

のいずれかで設定が必要です。

各社、サービスの違いが出ますね。

ミッション

被害に遭わないための備え

・携帯電話にかかってくる番号非通知の着信には出ないこと。

もし出てしまってもそれ以上アクセスしない。

・番号非通知の電話かからない様に携帯電話の設定をしておく。

携帯電話やインターネット、アプリなど詐欺が多くなっています。

特に災害時や伝染病などが流行している時は、関係各所をかたる詐欺被害が多発する世の中です。

日頃から、「こういう詐欺もあるんだ」と認識しておく、情報を収集しておくことも身を守るうえでは必要ではないでしょうか?

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました