メガデス2000年アメリカツアー機材、デイブムステイン

ジャック ギタリスト、ミュージシャン
ライブ

2019年6月デイブ・ムステインが咽頭がんで治療中と公表していますが、10月29日の情報によりますと、メンバーのデイビッド・エレフソン(b)によると、「デイブ・ムステインのガン治療は終了し、2020年には新しいアルバムが発売できればと思っている。」とインタビューで語っています。

我々も完治を祈りつつ、復活を待とうと思っています。

2020年1月20日デイブ・ムステイン復活!!

是非来日公演も実現してほしいと思いますが、無理をせず気長に待ちたいと思います。

そのうち来日公演の記事が書けるといいなと念じて・・・


メガデス2000年アメリカツアー機材

今回はデイブ・ムステイン、マーティ・フリードマンのツインギターで完成させた

アルバム、「リスク」発売後のアメリカツアー中、突如マーティ・フリードマンの脱退の為、

その後の日本公演が不安視されていたところ、アル・ピトレリ(ex.サヴァタージ、エイジア)をサポートメンバーとして迎え、赤坂ブリッツでのライブ機材を紹介します。

デイブムステインの機材から。

ライブ

①エレキギターはメインで使用されたJacksonのデイブ・ムステインモデルのキングV。

スルーネックでボディ、ネック共にマホガニー

ローズウッド指板でフロントピックアップはダンカンSH4。

リアピックアップはダンカンのTB4で弦をボディ裏から通したノントレモロタイプ。


②もう一本のキングVは仕様が違い、ボディはアルダーでネックはメイプルでスルーネック仕様。

ローズウッド指板の24フレット。
ピックアップはフロントピックアップはTB5でリアピックアップはSH4。
フロイドローズブリッジがついたデイブ・ムステインモデル。


③次は同じくJacksonのキングVのダブルネック

上が12弦仕様になっており、下の6弦側も同様24フレット。

キルテットメイプルトップのボディが目を惹く。

2本のヘッドにはLSRのギアレスチューナーが付いており、かなり高い精度のチューニングが可能となっている。


④この3本以外にはアコースティックギター1本。

これは「ボジョア」という、ドレッドノートスタイルの高品質なアコースティックギターが「タイム」で使用された。

アル・ピトレリの使用機材

一方アル・ピトレリのセット

①メインで使用したのはギブソン・レスポール・クラシック、ジェフベックモデルピックアップもダンカンJB、


②次にギブソン・エクスプローラー、ボディとネックはマホガニーで指板はローズウッド。

ピックアップはトニー・アイオミモデルに代えてある。


③次はアメリカン・スタンダード・ストラトでローズウッド指板の22フレットでストックのまま使用。


ラックシステムはマーティ・フリードマンのラックシステムをそのまま借りているようです。


足元には、BOSSのアコースティックシュミレーターAC-2、

カールマーティンのステレオコーラスとピッチモジュレーター&フランジャー、

BOSSのメタルゾーンMT-2、
BOSSハーモニストHR-2、もう一台MT-2が確認できる。

クレイトのアンプヘッドは2台を上手く使いこなし、安定したライブパフォーマンスを見せてくれた。


洋楽ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました