Adrian Vandenberg/エイドリアン ヴァンデンバーグ ホワイトスネイクを世界的ロックバンドにした立役者

ライブ会場ギタリスト、ミュージシャン

アルバム「サーペンス・アルバス」の成功で世界的なバンドとなったホワイトスネイク。

アルバム参加は「Here I Go Again」のソロのみで、全編ジョン・サイクスでのレコーディング。

アルバム発表後のツアーから参加。

元々デイヴィッド・カヴァーデイルはディープ・パープルなどの活躍で、
エイドリアン・ヴァンデンバーグはバンド「ヴァンデンバーグ」での活動で既に知名度を得ていたが、それまでのホワイトスネイクは成功を収めていたバンドでしたが、メンバーが定着せず、不安定な時期を迎えていました。

大ヒットアルバム「サーペンス・アルバス」ワールド・ツアーを成功させ、次作「スリップ・オブ・ザ・タング」をカヴァーデイルと共作するが、怪我のためレコーディングには参加出来なかった。

作曲センスとギタリストとしての実力はデイビッド・カヴァーデイルも認めているところですが、あまりにもタイミングが悪いですね。

この時のギターはスティーブ・ヴァイとヴィヴィアン・キャンベル。

レコーディングに演奏で参加できないとなるとフラストレーションもたまるでしょう。

おまけにスティーブ・ヴァイによって一部曲を書き換えられているようです。

その後怪我を克服し、ツアーに参加し成功させます。

スポンサーリンク

エイドリアン・ヴァンデンバーグの使用ギター

Peavy製のヴァンデンバーグモデル。

メインで使用しているのは
ブラックボディのボルトオンタイプで、センター合わせのキルテッドメイプルに24fメイプル指板。

ボディ同色リバース・ヘッドネックでケーラー製フロイド・ローズ仕様でピックアップはフロントはシングルでリアがハム。
詳細は不明ですがアルニコマグネットタイプ。

それぞれのピックアップは少しだけ角度が付いており、1弦側が少しだけネックに近い状態で取り付けられている。

サブギターもヴァンデンバーグモデル

サブはピンクカラーの同モデルで、ピックアップが2ハム仕様になり、エボニー指板のマホガニーネック。

ピックアップの取り付け角度も同様。

ネックの仕込みはスルー・ネック(セット・ネックの様にブリッジ近くまで延長しているため、マホガニーのネック上にピックアップが載っている感じ。

ボディトップはフィギュアド・メイプルが貼られ、パーツはゴールド。


他にもこのサブと同スペックのカラーリング違い(オレンジ)

ホワイト・ボディのギターはスルー・ネックでエボニー指板。

メインと同じピックアップレイアウト。

メインギターと全く同スペックでボディトップの塗装を部分的に剥がされた、ボルトオンのギター。

ボディにジグソーパズルのペイントが施されたギターはスルー・ネックで24fエボニー指板。

ピックアップのレイアウトがフロントがシングルになっている。

ちなみに市販モデルは当時の定価は28万円と高価です。

現在の新品を手に入れるのは難しいと思いますが、中古なら程度にもよりますが10万円程度です。

画像を探したのですがなかなか見つからず、画質が悪いのですが載せておきます。

このヴァンデンバーグモデル以外ではGIBSONレスポール・スタンダードを使用しているのを目にします。年代等は分かりませんが、発見がありましたら追記させていただきます。

1990年、ホワイトスネイク解散以降は、新バンド「マニック・エデン」でアルバムを発表します。

1994年ホワイトスネイク再結成でツアーに参加と同時にマニック・エデンは解散。

「ヴァンデンバーグ」の名前を使用したことによる元バンドメンバーと揉めたりもしたようですが、ヴァンデンバーグズ・ムーンキングスなど活動期間は短く、日本にもあまり情報が入りませんでした。

右がエイドリアン・ヴァンデンバーグ

近年、ホワイトスネイクでの活躍が増えて、アルバム、ツアーの情報が入ってきていたのですが、新型コロナウイルスの影響でツアーが延期となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました