PR
スポンサーリンク

フォトジェニックギターの評判が悪い?真相を徹底解説!裏技も紹介!

フォトジェニックギターの評判 ギター、音楽
フォトジェニックギターの評判

「フォトジェニックギターの評判が悪い?」という疑問を持つ方へ。この記事では、フォトジェニックギターの真相を徹底解説します。
結論から言うと「結構使えます!」 別のギターのレビューも参考にしてください
初心者向けに、その特徴から利点と欠点まで、詳しく説明します。
低単価で手に入るフォトジェニックギターについて、その評判の理由を探ります。


Photogenic TL-180 SFG エレキギター テレキャスタータイプ フォトジェニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天リーベイツ(Rebates) 国内航空券+ホテルの予約なら【エアトリプラス】

フォトジェニックギターとは?

キョーリツ・コーポレーションが販売元で、中国の工場で生産しています。
フォトジェニックギターとは、その名の通り、見た目が美しいギターのことを指します。
しかし、その見た目だけでなく、その性能についても詳しく見ていきましょう。

フォトジェニックギターの特徴

フォトジェニックギターは、その美しいデザインが特徴的です。多種多様な色や形状があり、個々の演奏者のスタイルや好みに合わせて選ぶことができます。また、低単価で手に入るため、初心者にとっては手軽に始められる点も魅力の一つです。


PhotoGenic フォトジェニック エレキギター ブラック/ミラー/SG-290 (ソフトケース付き)

フォトジェニックギターの利点と欠点

フォトジェニックギターの最大の利点は、その低単価と美しいデザインです。
初心者がギターを始める際の敷居を低くするという意味では、非常に有用です。
しかし、その一方で、品質にばらつきがあるという評判があります。
特に、音質や耐久性については、他の高価なギターと比較すると劣るという意見もあります。
これらの点を踏まえ、自分のニーズに最も合ったギターを選ぶことが重要です。
上級モデルなどを使用していると、目が肥えてくるため、ある程度、見た目で善し悪しが分かってきます。好みに寄るところが大きいのですが…


PhotoGenic エレキギター LPカスタムタイプ LP-300C/WH ホワイト [ソフトケース/シールド/調整用レンチ付属]

フォトジェニックギターの評判が悪い理由と試奏した感想

フォトジェニックギターは、見た目の良さと手頃な価格で注目を浴びていますが、一部のユーザーからは不満が出ています。
その理由は主に品質の問題に関連しており、特に安価なモデルについては、材料の質や組み立ての精度に問題があるとの声が上がっています。

ユーザーからの不満点

具体的には、フォトジェニックギターのピックアップに関する問題が指摘されています。
「出力が弱い」、②「クリーントーンに濁り」、③「ダイナミクスに乏しい」などの声が挙がっています。
 実は私も1本購入しようと楽器店で試奏したことがありますが、①の出力が弱いのは、ビンテージの「出力の弱さ」とは大きく違い、音痩せしている感じです。原因はマグネット、配線材の品質問題だと思われます。②、③も同様です。

また、ネックの安定性に関する懸念もあり、温度や湿度の変化に非常に敏感で、湿度が高い場所や直射日光の下での保管は、ネックが反る原因となります。
 こちらに関しては、木材の乾燥具合、製造工程の精密さなどが大きく関わってきます。
初心者はなおさら、生産されて間がない新品状態だと見分けがつきにくいので、有名ブランドのギターなどと比べてみることが必要です。

フォトジェニックギターの品質問題


PhotoGenic エレキギター 初心者入門ライトセット ストラトキャスタータイプ ST-250LH/BK ブラック レフトハンドモデル

品質問題は、その製造過程と材料選択がすべてといっても過言ではありません。
初心者向けのような安価なモデルは、木材の質やパーツの精度、組み立ての精度を上げることでこれらの問題は解決できます。

したがって、フォトジェニックギターの購入を検討している方は、実際に試奏してみることをおすすめします。
また、ギターを保管する際は、湿度調整ができるケースや部屋での保管を心がけると良いでしょう。

理想は専用のハードケースに入れての保管が望ましいのですが、一番のおすすめは壁に掛けられるフックを利用することです。


Donner ギターハンガー 壁掛け 自動ロック ネジ付 ギターフック 荷重10KG 高強度 ギターホルダー ベース/エレキギター/マンドリン適用 ブラック (3個)

これにより、ネックの反りや歪みが生じるのを防ぐことができます。
品質に関しては、しっかりと試奏し、品質を確認することが重要です。
これらの対策を講じることで、気にいったデザインと音質を最大限に維持することができます。

悪い評判のフォトジェニックギターを改善するための工夫と「木材によってギターの音は変わるのか」問題

評判の悪いギターを購入するのは勇気がいりますが、改善する方法はあるのでしょうか?
具体的な改善策を解説します。

改善策の提案

個人的な意見でいうと、ピックアップからボリューム、トーンのポット、配線材、ジャックやスイッチ類、ハンダに至るまで、上級パーツに取り換えるだけでもかなり音質は向上します。
そのほかペグやブリッジも取り換えることによってチューニングの精度向上や、音の粒立ちが変わるなどの効果も得られます。
予算が許すなら、ギター工房に持ち込み、フレットの調整か上質なものへの交換、ネック周りや仕込み角度、反りの調整まで調整出来ればギターの質もはるかに向上します。

「木材によってギターの音は変わるのか」問題

昨今、取沙汰されている「木材問題」…
つまり、木材の違いは殆ど関係なく、ピックアップなどのパーツによって音は決まっている…ということですが、確かに「ほとんど違いが判らない」というのが実際のところです。
しかし、残り数%の隠し味的な部分で、トッププロのサウンドか否かが分かれるため、材質にこだわったり、テクニックを磨くわけです。
生音を比べてみれば、アコースティックギターでなくとも材質による違いは判ると思います。

まとめ

個人的には、当たり外れが大きいので、通販だったり、これからギターを始める超初心者なら「賭け」になってしまいますが、店頭で試奏しながら選ぶのであればハズレを避けることはできる…

口コミ欄で気になったのが、「いつも弾いているギターよりも指が痛くなった」や「コードがうまく鳴らない」などツッコミどころ満載で的外れなコメントが目についたので、クチコミを鵜呑みにしないように!

日常的なメンテナンスを心掛けることで、フォトジェニックギターは長く愛用できる楽器となります。
定期的な清掃や調整、湿度管理などを行うことで、ギターの性能を維持し、長期間にわたり快適に演奏を楽しむことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました