エディ・ヴァン・ヘイレン 2004年アメリカンツアー時の機材

ライブ会場ギタリスト、ミュージシャン
スポンサーリンク

ヴァンヘイレンベストアルバム発表

ギターを弾くものなら一度は耳にするこの名前「VAN HALEN」

中でも兄、アレックスの強力なドラムと弟、エドワード(以下エディ)のギターテクニックから繰り出されるハードロックサウンドは
一度聞くと耳に残る楽曲の良さも持ち味です。

ギターの音作りも卓越したものがあり、テクニックの話題が先行しがちですが音にもこだわりを感じます。

また忘れてはならないのが、リズム感の良さです。

兄、アレックスのドラムキットの側にあるモニタースピーカーからは、エディのギター音を聴きながらドラムを叩いていると言われます。

長い沈黙の後、ベストアルバム「The Best of Both Worlds」(2004年)を発表し、新曲も3曲、ライブ・ヴァージョン3曲が含まれています。
今回は2004年の全米ツアー時の使用ギター、機材について書いていきます。

活動休止を乗り越え

このツアーの始まる前、2000年前後アルコール依存症のリハビリを受けており、効果が出始めた頃、舌ガンが見つかり、臀部の肉を移植し闘病生活を送っていたようです。

その間もヘヴィ・スモーカーは変わらず、それが原因で離婚も経験した後に活動を再開。

ヴォーカルにサミーヘイガーが復活した時のものです。

ギター画像
本人仕様モデルではありません

ギターのラインナップ

まずメインギターはピーヴィーのシグネチャーモデル、ウォルフガング

この名前はエディの息子の名前からとられたそうです。
この息子、ウォルフガングは現在このバンド「ヴァン・ヘイレン」でベーシストとして活躍しています。

95年秋ごろから使用されているタバコサンバースト

サブも含めて4本あります。

バスウッドバックのメイプルカーブトップ。

それまでのアーニーボール ミュージックマンのEVHと違いレスポールのようなカーブトップとなっている。

ピーヴィーと共同開発したカスタムデザインのハムバッキングピックアップ2つをボディに直付け。

Dチューナー付きのフロイドローズ。

1ボリューム1トーン。

ネックは上質なバーズアイメイプルにパーロイドツマミの付いたペグが3対3のレイアウトで取り付けられたコンパクトなヘッド仕様。


2本目はスペシャルというモデルで、ボディトップはフラットでバインディングがないモデル。

こちらもタバコサンバーストカラー。
フロントには、フェルナンデスのサスティナーがボディに直付けされて、コントロールようのミニスイッチが付いている。こちらは1ボリューム仕様。


3番目は2本目のスペシャルのカラー違いでペグやトレモロユニットなど細かな違いがあるがスペアと思われる。


4本目は透明アクリル樹脂ボディで2ハムバッカー、1ボリューム仕様。


この4本に共通するピックアップセレクターはレスポールとは違い、上向きでリアピックアップ、下向きでフロントピックアップにセット。

これはタッピング時に腕がスイッチに触れて、フロントピックアップに切り替わらない様に工夫されてます。

次は懐かしのトレードマークになったクレイマー/シャーベルの5150と描かれたストライプペイントの赤いギター。

これはエディ本人がニュージャージーにあったクレイマーの工場で組み立て、ペイントも本人によるものと言われているものです。

アルバム1984のツアーから91年ごろまでメインで使われたギターですが、
当時とはネックからピックアップ、フロイドローズが交換されている様です。

ライブ

エフェクター・アンプ

エフェクターは足元のボードから

ピーヴィーデルタストンプ(デジタルステレオエフェクツプロセッサー)、
MXRフランジャー、
EVH-90フェイザー、
ジムダンロップのクライベイビー、
カスタムメイドのループセレクター


アンプはピーヴィーの5150Ⅱヘッドが二台。

ラック内はファーマンの電源安定装置、
MXRノイズゲート、
ローランドSDE-3000を2台、
レキシコンPCM70、
ライン6エコー・プロ、
H/H V800MOS FETパワーアンプ、
ラック内とヘッドアンプはそれぞれ予備がもう1セット用意してあります。

キャビネットはピーヴィー5150を12台。
スピーカーはセレッション製。

電話と子供

最後に

こうして復活を遂げたエディ・ヴァン・ヘイレンですが大病を克服して考えが変わったのでしょう。

筋トレに励みアスリートのような体型に変わっています。

禁酒、禁煙は続いているのでしょうか。

1995年のサミーヘイガー時代と1998年のゲイリー時代のライブを生で観てますが、
1995年の方が音が良かったように記憶してます。

現在は年齢も60代半ばとなっていますが、今後も素晴らしいトーンと名曲で我々を楽しませてもらいたいものです。


洋楽ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました