PR

【評判を検証】オーディブルで読書革命!無料で始める、忙しいあなたのためのオーディオブック

ネコのまなざし その他

最初は試しに無料期間だけを利用しているつもりでしたが、気づいたら辞める理由が見つからず、利用し続けるようになってしまいました。
気に入った作品に巡り会えば、本も購入して、読書を通じて目を使う楽しみも得られ、二つの喜びを同時に味わえる素晴らしい経験です。
好きな本がある人は、何度も繰り返し読み返し、じっくりと読み込み、細かい部分まで頭に叩き込むことでしょう。
そして、映画やドラマ化されると、また別の楽しみ方ができるのも魅力ですね。
こうした新しい楽しみ方を通じて、ますます人気を集めているのです。

読書を習慣化して脳を活性化、読書が趣味に

読書を習慣化したいと考えている人は多いですが、「視力」と「本を持つ手」が必要なため、家事中や車や自転車などを運転しているときはもちろん、電車やバスでも満員時にはページをめくることさえ困難なこともあり、習慣化をあきらめている人もいます。

こうした状況で読書を習慣化するのは難しいですが、脳を活性化させる効果が非常に大きいと言われています。
情報や知識を得るだけでなく、物語などを読んでいるときには情景を思い浮かべたりします。
また、登場するキャラクターを想像したり、ワクワクする要素がたくさんあるのも魅力です。
時折、映画化やドラマ化で自分が思い描いていた情景やキャラクターと異なる場合には違和感を感じることもあります。
これは、単に映画やドラマを受け身で観る状況とはまったく異なる、脳の使い方です。

読書といえば、「読書感想文」

夏休みの宿題の代表格といえば「読書感想文」ですね。
最後まで残してしまう人も多いのではないでしょうか。
私が子供の頃もそうであり、私の子供も同じです。
しかし、私の子供で試してみて、宿題が片付いたばかりでなく、その後の読書の習慣にも繋がった方法です。

夏休みが始まると、「子供たちが一日中家でダラダラする」なんて日常が溢れています。
近年の「地球の温暖化」による異常な暑さにより、子供たちに軽々しく「外で遊んできなさい」とは言えなくなっています。
また、子供たちの憂鬱のもととなっている「読書感想文」ですが、夏休みの終盤まで残し、最終的には「親が手伝う」なんてことも多いのではないでしょうか?

コンパス画像

読書習慣がない為に「読書感想文」が書けない理由

お子さんにとって読書感想文はかなりハードルの高い課題になっています。
そもそも読書感想文が課題とされている日本は珍しいと聞いたことがあります。
この課題の問題点はどこにあるのでしょうか

本を読む習慣がない

「活字離れ」と言われますが、新聞、本など家庭内で文字を読むことに触れるよりも、映像コンテンツなどに触れることの方が多くなっているのが現実です。
ある統計では、読書の平均時間が年々減少傾向にあるという調査結果や、読書の少ない都道府県ランキングが発表されており、ワースト1位は沖縄県、2位は大阪府、3位は奈良県という結果も大阪府に住む読書習慣化している私からすれば意外でした。

読んでも残らない

読書の習慣が少ないと、物語に集中できず登場人物なども「この人誰だっけ?」となり、また遡って読むとなると、読み進めるのも苦痛になります。

内容がまとめられない

物語に集中できずに読み進めてしまうとストーリーの要点がブレてしまい、ただ羅列するだけの文章になってしまうため起承転結どころか文字数を埋めるだけの作業となってしまう。

夏休みの宿題の定番!読書感想文を書く方法と上達方法

私は学生のころ1度だけ作文コンクールで賞を貰ったことがあります。
完全にまぐれだと思っていたのですが、その頃毎日の宿題だったのは新聞のコラム欄を読んで200文字にまとめる作業で、これが見えない力となっていたのです。
当時はこの宿題の目的を理解していなかったのですが、先生からの怒りのゲンコツが怖かったため毎日渋々続けたことが、後の大学入試や論文執筆にも役に立ったと思います。
この課題を克服する方法を簡単にまとめてみました。

誰かに紹介する

本以外で興味のあること、映画・テレビ番組・ゲーム・アニメ・音楽などなんでもいいので好きなことを友人に紹介することをイメージしてみるといいかもしれません。
自分の夢中になれることをプレゼンテーションして仲間を増やす感覚です。

要約を理解する

一番肝心な部分ですが、最も伝えたいメッセージを見つけ出し、それにまつわる人間模様であったり事柄を簡潔にまとめるのですが、初めは羅列からでもいいので書き出し、そこから無駄な部分をドンドンそぎ落としていくのも1つの手法です。
ネタばれの羅列文章から、徐々にネタを隠せるような文章になっていくと書いていく楽しみも味わえるのではないかと思います。

どの部分でどう思ったかメモ

苦手意識がある人に限って下書きなしにいきなり原稿用紙に向かう傾向があります。
短い物語ならともかく、「この場面を紹介したい」と思う部分に付箋を貼り感情や感想をメモすると便利です。
映画解説者の方の解説などは勉強になります。

オーディブルの魅力とは!無料体験で「聴覚型」確認を

オーディブルなら運転や通勤中、家事やランニングなどの時間に聞けるので、本を読む時間がない人も多くの本を楽しめる他にはないメリットがあります。
聞くだけなので目も疲れないし、プロのナレーターの音読で、本の世界に入り込んだような没入感も得られます。

オーディオ画像

「視覚型と聴覚型」

「視覚型」はビジュアルを見て記憶しやすい一方で、「聴覚型」は耳で聞いた情報を記憶しやすいと言われています。
もしあなたが本を読んで情報を覚えるのが難しいと感じるなら、あなたはもしかしたら「聴覚型」かもしれません。
そんな方にこそ、オーディオブックがおすすめです。
中でもお勧めなのが、Amazonが運営しているAudible(オーディブル)です。
30日の初回お試し期間があるため、読書感想文作成用に試してみるのもアリです。

↓このボタンから無料お試し!

Audible

(タイミングによってはキャンペーン内容が異なる場合があります。)

オーディブルの登録方法と解約方法

オーディブルの無料体験(お試し)の、登録方法と解約方法を解説します。オーディブルは登録も解約も簡単なので、気軽に聞いてみましょう。

(タイミングによってはキャンペーン内容が異なる場合があります。)

Audible

  • 12万冊が聴き放題
  • プロが朗読している
  • 移動中・作業中・運動中いつでも聴ける
  • スキマ時間の有効活用
  • オンライン再生OK
  • オフライン再生OK
  • 無料のお試し期間がある(タイミングによってはキャンペーン内容が異なる場合があります。)

オーディブルの無料体験

オーディブルは業界最多の12万以上の作品が聴き放題で、オーディブル限定の本やポッドキャストが多数ある唯一無二のサービス。
1冊1,000円を超える本を何冊も買って読むより、オーディブルで聴き放題したほうが安いです。
オーディブルでは現在、新規登録で1ヶ月間無料キャンペーンを開催中です。
月額1,500円のオーディブルが、1ヶ月無料で体験できるとてもお得なキャンペーンです。
オーディブルを無料で試してみたい人は、ぜひこのチャンスに無料体験してみましょう。
(タイミングによってはキャンペーン内容が異なる場合があります。)

オーディブルの登録方法

オーディブルの無料体験ができるページを開きます

②「30日間の無料体験を試す」をクリックします

③Amazonにログインします(アカウントのない人は新規作成)

クレジットカード/デビットカードの登録をしていない場合は、カード情報を登録します。オーディブルは日本国内向けのサービスなので、請求先住所が日本国内に設定されているクレジットカード/デビットカードを登録してください。

④「無料体験を試す」(オレンジのボタン)をクリックすれば完了です。

オーディブルの解約方法

解約方法については、具体的な手順が必要となりますが、オーディブルは解約も簡単で、解約ペナルティもありません。

具体的な手順については、オーディブルの公式ウェブサイトやアプリ内のヘルプセクションをご覧ください。

Audibleアプリを削除(アンインストール)しただけでは退会になりません。ご注意ください。
退会すると、現在お持ちのコイン、および会員特典が利用できなくなります。
スマホサイトやアプリからは退会手続きができません。スマホから退会手続きをする場合は、一度PCサイトに移動してください。

Apple/Google Playから入会されたお客様は以下の「Google Play Androidアプリから会員登録されたお客様」/「Apple iOSアプリから会員登録されたお客様」をご確認ください。

オーディブル公式サイト

これらの手順を踏むことで、オーディブルの登録と解約がスムーズに行えます。
また、1か月単位で最大3か月間の休会もできます。

オーディオブック

視覚情報の量に比べ、聴覚で得る情報はその100分の1程度です。
だからこそ、オーディオブックは何かをしながらでも「読書」を可能にする魅力を持っています。

ただし、この「聴く読書」の文化はまだ浸透しておらず
客観性が保たれたユーザー体験と率直な感想が少なく情報が足りておりません。
今は好意的な意見も否定的な意見も、すべてが大切です。

まだオーディオブックを体験したことがないあなたの感想が私たちにとっての貴重なフィードバックです。
ぜひ、この機会にオーディオブックの世界を体験してみてください。

コメント

  1. […] […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました